8月15日 終戦記念日

千羽鶴 ブログ
千羽鶴

今年もこの日がきましたね。

日本人が絶対に忘れてはいけない日、8月15日「終戦記念日」。

私は戦争を経験した世代ではないですが、子供の頃から戦争を経験した祖父母と一緒に暮らしていた為、戦争時代の話はたくさん教えてもらいました。

人が人でなくなっていってしまうこと、理性がなくなってしまうこと、飢餓、その中での助け合い、生活の知恵、命の尊さ、など、、、祖父母が亡くなってからも忘れることはありません。

そして何より

「戦争は如何なる理由があっても二度と繰り返してはいけない」

この言葉は、何度も何度も繰り返し聞いた言葉です。

私の祖父は戦争が始まってからは、機関車や船舶の運転を任されていたそうです。

当時には珍しく様々な運転免許を取得していた祖父なので、当時は運搬などの仕事を任されていたようです。

しかし、戦争が長引き、成人男性は多くが特攻隊にいくことに。

祖父も例外ではありませんでした。。。

順番に戦闘機に乗って出発し帰ってこない同士を毎日見て過ごし、自分も覚悟を固めていたこと。

自分の3人前の人が飛び立った時、終戦の連絡があり命を亡くさずにすんだこと。

子供ながらに胸が痛くなりながら話を聞いたことを覚えています。


私には8歳になる娘がいますが、もう少し大きくなったら必ず連れて行きたい場所があります。

それは、広島の「原爆ドーム」。

私は数回訪れましたが、その度に心が揺さぶられ大きな衝撃を受ける場所です。

祖父母の想いをこれからに伝える為にも、ここには必ず連れて行こうと考えています。

また、昔のアニメ映画ですが、名作「はだしのゲン」も、時期が来たら一緒にみたいと思っています。

本当にそんな時代があったことを未来に伝えていく為に、私なりにできることを少しずつ。

先日、用事で訪れた会場の前に、平和記念週間として長崎と広島に千羽鶴を送るというイベントが開催されていました。

娘と私も一羽ずつ想いを込めて鶴の折り紙を折ってきました。

たくさんの折り鶴が置いてありました。

折り鶴の数だけ平和を祈る人がいるということ、心が温かくなりました✨