でんじろう先生のサイエンスショー

でんじろう先生のサイエンスショー ブログ
でんじろう先生のサイエンスショー

先日、家族ででんじろう先生のサイエンスショーを観てきました。

小さな頃から実験や工作が大好きな娘は、何日も前から大興奮。

私はというと、ステージに現れたでんじろう先生を見て「テレビと変わらずそのままだ〜🎵」という印象。笑

なんだか嬉しくなりました。

観客に話しかけるようにお話されるので、子供達は先生と一緒に話しているかのように身近に感じながら楽しめることができたのではないかと思います。

ショー自体は子供体験型になっていて、たくさんのスタッフの方が都度座席の方に降りてきて下さり、作ったものの効果を体験できるように構成されていて、たくさんの子供たちが来場していましたが、本当に大盛り上がりの1時間半でした。

でんじろう先生といえば空気砲ですよね。

その空気砲ももちろん実験して下さいました〜😆

面白おかしく、子供がウケるように興味を持つように話されます。

空気砲の白い煙が欲しければ、お線香や蚊取り線香の煙でもいいこと、また、空気だけでもびっくりするような風がおこるので、

「外で散歩中のおじさんに空気砲をしてもバレないよ〜」

「たくさんおならがでるときには、お尻に空気砲の穴をあてるんだよ〜。溜めた臭い空気をパパに、向かってぶつけてみよう!臭い砲の出来上がりだ〜!笑」

などなど、本当に笑いが絶えない時間でした。

親も子も大笑いで楽しめる(親も勉強になることがたくさん!)ので、本当におすすめのショーでした。

今は夏休み、子供達の自由研究でも使える、簡単に作れる“厚紙で作るブーメラン“や、この猛暑にはピッタリの“ソーラーカー“などもご紹介くださいました。

ブーメランは厚紙で簡単に作れますが、ただプロペラのように厚紙をくっ付けただけではただの手裏剣と同じで戻ってこないこと、ブーメランとして戻ってくるには少しだけ厚紙に角度をつけるといいこと、プロペラに重みをつけるとどういうふうに飛んでいくかなど、、、

子供達は目をキラキラさせて見入っていました✨

でんじろう先生曰く、小さなうちは物事の理屈など考えなくていいし教える必要はない、こうやってみようああやってみようという興味からたくさんのことを経験することが、必ず大人になってから役に立ってくる、とのことでした。

毎日の忙しさにかまけて、これやれあれやれと子供に指示してしまっている自分に反省です😣

想像力を養っていけるよう、子供を見守ることが大切なのですね🫶✨


都度、ショーの内容を更新しながら全国を回られているそうなので、また近くでショーが開催される際には足を運んでみようと思います。

でんじろう先生、家族で大ファンになりました🎵

Shiho’s Choice - HOIM