月でくらす展 -日本科学未来館-

日本科学未来館 ブログ
日本科学未来館

世間は夏休み、我が家も小学3年生の娘の夏休み真っ只中。

先日、日本科学未来館で開催している「月でくらす展」に行ってきました。

未来館と、「図鑑NEO」を展開する小学館など各社が協力し、宇宙についての知見と未来への想像力を集結させることで作り上げた月面移住の世界…

子供達は、月を開拓し長期滞在することが可能になった「月の暮らし」を体験できます。

①月面活動をリードする月面ワーカー

②地球との違いを発見して伝える月面レポーター

③月と宇宙のなぞを解明する月面科学者

この3つのミッションの中から1つを選び達成を目指します。

月面探査機「SORA-Q(ソラキュー)」で、撮影するミッションや水資源を掘り当てるミッション、無重力体験ミッション(大人気で予約必須!)や隕石を回収するミッションなどなど、、、大規模ではないですが、楽しめるミッションがたくさんありました。

宇宙服をレンタルすることもできたり、宇宙に興味があればとっても楽しめます。

また、同じ建物の中にある常設展示会場へも入場可能で、ここも見所がたくさんありました。

宇宙好きの娘は筑波宇宙センターJAXAの見学に行ったことがありますが、そこでは入ることができなかった「宇宙移住棟」の中にも入ることができたりして、筑波まで行かなくても都内にこんな場所があったんだと、知らなかったことが悔やまれました。笑

とっても楽しめた「月でくらす展」、2023年9月3日まで開催されていますので、宇宙に興味があればぜひ一度足を運んでみてください☺️🎶