小学校給食試食会

小学校給食 ブログ
小学校給食

娘は8歳、小学3年生です。

小学校に入学した時はコロナ禍真っ只中、今年の4月までは学校行事の殆どがオンラインでした。

やっと5月に入りコロナが5類に移行したことで、3年生になって初めて、通常通りの生活に戻ってきました。長かった〜。

学校給食は、入学してから今年の4月までずっと黙食。

前を向いて黙々とお食事をする…給食を楽しむということを知らない娘でした。

5月に入りそんな制約も無くなったようで、娘が帰宅して最初に話してくれたこと。

「初めてお友達と机を向かい合わせにして食べたよ!!初めてのことだったから、お友達と顔を合わせただけでなんだか嬉しくて恥ずかしくて笑っちゃった。」

そんな、集団生活では当たり前のことが、今まで叶わなかったんだなぁ、、、と。

娘の言葉にほっこりしながら、どれだけ生活に制約があったのかを改めて考えてしまいました。

子供たちには、コロナ禍に出来なかったことをこれからたくさん経験して楽しんでほしいですね。

親はというと、1年生での行事予定だった学校給食試食会がやっと開催されました。

娘は毎日どんな給食を食べているのかなぁとワクワク♪

今日の献立はー

・赤飯

・イカのチリソース

・冬瓜汁

・フルーツゼリー

・アシドミルク

娘の小学校は、最近では珍しく自校給食。管理栄養士の方が学校内の給食施設で毎日作って下さっています。

初めて頂いた娘の学校の給食でしたが、薄味だけど出汁の味がしっかりしていて、野菜も果物もたっぷりの本当にバランスの取れた美味しい給食でした。

私の時代は、銀色のお皿におかずやパンをよそってあった記憶ですが、娘の学校は全て陶器の素敵なお皿で、それだけでも視覚から入る食の興味が違ってきます。

改めて、食事って口だけで楽しむものじゃないんだなぁと。

娘が毎日、今日も給食美味しかった〜と教えてくれる意味が分かりました。

そしてそして、私の時代は毎日毎日、牛乳が出ていた記憶なのですが、、、💦

アシドミルクってなに???

牛乳嫌いの子が必ずクラスに数人いて、飲みたくないから棚や机に隠し持っている間に腐っちゃって。。。ってあるある話でしたが、皆さんはどうでしたか?笑

そんな私なので、アシドミルクに興味津々だったのですが、飲むヨーグルトなんですね😳

甘さ控えめで美味しかったです♪

毎日3食こんなお食事が食べられたらすごい健康体になるなぁと考えながら、身も心も大満足な時間を過ごさせて頂きました♪